1日1時間あれば、たいていのことはできるようになる

「40歳を過ぎてからピアノを始めても上達するんですか?」

この間テレビを見ていたら、あるピアニストの方がそう質問されていました。ピアノやバレエは、小さい頃から始めておかなければ難しいとされるスキルのひとつです。「10歳から始めても遅いくらいだ」とすら言われることがあります。

しかし、その方はさも当然といわんばかりに「しますよ。」と答えていました。

ただ、すぐにこう付け加えました。

「毎日練習するなら」

週1のレッスンとかではだめで、毎日1〜2時間ほど練習をし続けるのなら、40代であろうが50代であろうが上達するそうです。実際に、それくらいの年齢から始めている人も大勢いるとのこと。プロとして生計を立てられるレベルになれるかどうかはともかく、上達することは40代からでも50代からでも可能だということです。

それを聞いていたら、すごく自由になった気がしました。

そうだな、何だって上達していくのだな。始めたばかりのころはできなくても当たり前で、そこで諦める必要は何一つないのだな、と思ったのです。

できないことは、できるようになるまで練習すればいい。普通に言われていることなのに、すっと心に入ってきました。

「やりたいこととやってみたいことは違う」とか、「仕事にするなら極めなければ」とかいろいろありますが、とりあえずそんなことは脇に置いておいて、何か好きなことに1時間時間を使ってみる。何も考えずに楽しんでみる。そう考えただけで、ワクワクしました。

何を始めようか、ワクワクしながら考え中です。